ボクシングニュース



◆ ボクシングニュース 過去ログ ◆

< Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91| 92 | Next >


平成19年度 東日本ボクシング協会 第8回定例理事会(平成19年11月12日)より
Updated on 2007/11/12

■月間賞選考委員会報告
以下のとおり10月度月間賞受賞者の発表があった。また、表彰式は12月1日(土)後楽園ホールに於いて執り行う。
10月度月間最優秀選手賞  河野公平(ワタナベ)
10月度月間敢闘賞     長嶋建吾(18古河)
10月度月間新鋭賞     三垣龍次(M・T)

■チャンピオンカーニバル委員会報告
中屋廣隆委員長より12月10日(月)に後楽園飯店にてチャンピオンカーニバルの発表会を開催するとの報告があった。




平成19年度 東日本ボクシング協会 第7回定例理事会(平成19年10月15日)より
Updated on 2007/10/15

■新人王運営委員会報告
◇11月4日(日)東日本新人王決勝戦開催 16:30開場、17:00開始、全12階級5回戦(4勝未満の選手が出場の場合は4回戦)にて開催する。
◇10月23日(日)各地区新人王運営規定会議が行われ、各地区新人王エントリー規定及び対抗戦規約を統一することにした。
・出場資格について、アマチュア戦績は高校40勝まで、一般20勝までとする。
・引き分けを0.5勝としてカウントしない。
・トーナメント敗退後、年内の6回戦出場を規制しない。
・決勝時点で4勝に満たない選手は4回戦にて出場することとする。
・全日本決定戦の開催クラスをミニマム級からミドル級まで(ただしスーパー・ウェルター級を除く)とした。
・全日本決定戦の試合方式を5回戦に変更した。

■月間賞選考委員会報告
以下のとおり9月度月間賞受賞者の発表があった。
最優秀選手賞、新鋭賞の表彰式は11月3日(土)後楽園ホールで行われる。
9月度月間最優秀選手賞  内山高志(ワタナベ)
9月度月間敢闘賞     牛若丸あきべぇ(協栄)
9月度月間新鋭賞     小林タカヤス(川島) 

■事務局報告
「JB SPORTS」の代表者が2007年9月20日付を以って、高橋直人氏から森川常次氏に変更となった。

■特別規律委員会
10月11日(木)有明コロシアムにて行われた世界タイトルマッチ両選手の反則行為及び亀田選手セコンドの言動について協議し以下のとおり決定した。
・協栄ジム金平桂一郎会長を選手及びトレーナーの監督管理不十分とし、厳重戒告処分、始末書提出処分とした。
・亀田大毅選手、亀田史郎氏に対し協栄ジムから何らのかの処分を下し協会に報告すること。
・亀田両選手の主たる練習場所を協栄ジムに統一し、今後、選手、トレーナーの管理を徹底し、またその誓約書を協会に提出すること。
・亀田史郎氏について、セコンド中、選手に反則行為を促す発言があったとして、JBCに対し無期限ライセンス停止以上の処分を要望することにした。
・亀田大毅選手について、12R悪質な反則行為があったとして、JBCに対し期限付のライセンス停止処分を要望することにした。
・亀田興毅選手について、セコンド中不適切な言動があったとしてJBCに対し期限付のライセンス停止処分を要望することにした。
・内藤大助選手、新井史朗氏(協栄ジムセコンド)についても審議したが、処罰を下すにいたらずとの結論に達した。
・東日本ボクシング協会では、今後再発防止策として新たに倫理委員会を設け、プロボクシング関係者の言動について厳しく指導していくことを決定した。




平成19年度 東日本ボクシング協会 第6回定例理事会(平成19年9月10日)より
Updated on 2007/09/10

■事務局報告
◇「角海老宝石勝又ジム」が8月1日付を以って「勝又ジム」に名称変更した。
◇「ヨシヒロボクシングジム」の代表者が8月5日付を以って、堀 視恵子氏から片淵剛太氏に変更となり、名称も「KG大和ボクシングジム」へ変更した。(住所、電話番号は変更なし)
◇「JBスポーツクラブ」が9月14日付けをもって以下の住所に変更となった。また名称も変更した。
新名称「JB SPORTS」
新住所 〒121-0816 東京都足立区梅島3−11−19
電話番号 03−3849−2211 FAX 03−3849−2212
◇8月度月間賞の選考集計を行い、以下の選手が受賞した。また表彰式は10月6日(土)後楽園ホールで行われる。

8月度月間最優秀選手賞  下田昭文(帝拳)
8月度月間敢闘賞     西岡利晃(帝拳)
8月度月間新鋭賞     須田拓弥(沼田)




平成19年度 東日本ボクシング協会 第5回定例理事会(平成19年8月6日)より
Updated on 2007/08/06

■事務局報告
◇8月4日に7月度月間賞の投票集計が行われ、以下の選手が受賞した。また表彰式は9月18日(火)後楽園ホールで行われる。

7月度月間最優秀選手賞  クレイジー・キム(ヨネクラ)
 7月度月間敢闘賞     木村登勇(横浜光)
 7月度月間新鋭賞     中嶋孝文(ドリーム)

◇ウィザス高等学校(広域通信制単位制高校)より、高校に進学していない選手や退学等で卒業していない選手を対象に通信教育(インターネット等)で勉強をして頂き、高校卒業資格を取って頂きたいとのお話があり、協会加盟ジムに入学案内を送る事とした。




平成19年度 東日本ボクシング協会 第4回定例理事会(平成19年7月9日)より
Updated on 2006/06/12

■A級、B級トーナメント委員会報告
本年度A級トーナメントはミニマム級、バンタム級、フェザー級、ライト級の4階級で開催が決定  したとの報告があった。尚、準決勝は8月29日(水)、決勝戦は10月31日(水)に後楽園ホールにて行われる。

■プロモーター委員会報告
9月1日より後楽園ホールが分煙化を実施するとの報告があった。

■事務局報告
◇「RYUJU BOXING FAMILY」住所:東京都渋谷区初台が5月16日を付を以って、「湘南RYUJU BOXING FAMILY」と名称を変更し、また住所も神奈川県平塚市宝町5−27GAUDIビルB1に変更となった。
◇6月1日に協会事務所が青いビルB1から黄色いビル4階下に移転した。
◇「宇都宮小川ボクシングジム」の代表者が6月8日付を以って、小川政男氏から金田政二氏に変更となり、名称も「宇都宮金田ボクシングジム」へ変更した。(住所、電話番号は変更なし)
◇6月7日に5月度月間賞の選考会が行われ、以下の選手が受賞した。また表彰式は7月7日(土)後楽園ホールで行われる。
5月度月間最優秀選手賞  小堀佑介(角海老宝石)
 5月度月間敢闘賞     黒木健孝(ヤマグチ土浦)
 5月度月間新鋭賞     佐藤常二郎(角海老宝石)




平成19年度 東日本ボクシング協会 第3回定例理事会(平成19年6月18日)より
Updated on 2006/06/12

■A級、B級トーナメント委員会報告
本年度A級トーナメントはミニマム級、バンタム級、フェザー級、ライト級の4階級で開催が決定  したとの報告があった。尚、準決勝は8月29日(水)、決勝戦は10月31日(水)に後楽園ホールにて行われる。

■プロモーター委員会報告
9月1日より後楽園ホールが分煙化を実施するとの報告があった。

■事務局報告
◇「RYUJU BOXING FAMILY」住所:東京都渋谷区初台が5月16日を付を以って、「湘南RYUJU BOXING FAMILY」と名称を変更し、また住所も神奈川県平塚市宝町5−27GAUDIビルB1に変更となった。
◇6月1日に協会事務所が青いビルB1から黄色いビル4階下に移転した。
◇「宇都宮小川ボクシングジム」の代表者が6月8日付を以って、小川政男氏から金田政二氏に変更となり、名称も「宇都宮金田ボクシングジム」へ変更した。(住所、電話番号は変更なし)
◇6月7日に5月度月間賞の選考会が行われ、以下の選手が受賞した。また表彰式は7月7日(土)後楽園ホールで行われる。
5月度月間最優秀選手賞  小堀佑介(角海老宝石)
 5月度月間敢闘賞     黒木健孝(ヤマグチ土浦)
 5月度月間新鋭賞     佐藤常二郎(角海老宝石)




平成19年度 東日本ボクシング協会 第2回定例理事会(平成19年5月14日)より
Updated on 2006/06/12

■A級、B級トーナメント委員会報告
B級トーナメントが5月8日より無事スタートした旨報告があった。

■チャンピオンカーニバル委員会報告
本年のチャンピオンカーニバルがすべて終了し、5月7日三賞の選考会が開かれ、以下の選手が受賞したとの報告があった。尚、表彰式は6月2日後楽園ホールで行なわれる。
□最優秀選手賞
スーパー・フェザー級チャンピオン 小堀佑介(角海老宝石)
1月6日後楽園ホール
□技能賞
フェザー級 粟生隆寛(帝拳)
3月3日後楽園ホール
□殊勲賞
スーパー・バンタム級 下田昭文(帝拳)
4月9日後楽園ホール

■事務局報告
河合ボクシングジムの代表者が4月25日付を以って、(故)河合哲朗氏から河合歩美氏に変更となった。(4月25日代表者変更届受理)

■平成19年4月月間賞
5月7日に4月度月間賞の選考会が行われ、以下の選手が受賞した。
また表彰式は6月2日(土)後楽園ホールで行われる。
 4月度月間最優秀選手 下田昭文(帝拳)
 4月度月間敢闘賞選手 湯場忠志(都城レオスポーツ)
 4月度月間新鋭賞選手 田中教仁(ドリーム)




平成19年度 東日本ボクシング協会 第1回定例理事会(平成19年4月16日)より
Updated on 2006/06/12

■平成19年3月月間賞
4月7日に3月度月間賞の選考会が行われ、以下の選手が受賞した。
また表彰式は4月21日(土)後楽園ホールで行われる。
3月度月間最優秀選手 粟生隆寛(帝拳)
3月度月間敢闘賞選手 佐藤幸治(帝拳)
3月度月間新鋭賞選手 石田隆次(国分寺サイトー)

■A級、B級トーナメント委員会報告
◇B級トーナメントは、ミニマム級は選手が揃わず中止、フライ級・バンタム級・フェザー級・ライト級・ウエルター級・ミドル級の6階級で開催することになった。
◇A級トーナメントは、ミニマム級・フライ級・バンタム級・フェザー級・ライト級・ウエルター級・ミドル級の7階級各4名で募集し、8月末より開催する。




東日本ボクシング協会 第12回定例理事会(平成19年3月12日)より
Updated on 2006/06/12

■JBCより報告
安河内JBC事務局長より、2月28日に開催されたJBC理事会について次の通り報告された。
◇プロテスト受験年齢について
プロテスト受験資格の年齢制限を32歳までとすることを決定した。(本年4月申込み分より)
◇ランキングについて
日本ランキングを12位まで設立することを決定した。(本年4月度より)
◇女子ボクシングについて
JBC理事に現状を報告した。JBC及びJPBAで検討委員会を設け、慎重かつ前向きに検討したい。

■平成19年2月月間賞(平成19年3月3日選考)
□月間最優秀選手賞
日本スーパー・フライ級 新チャンピオン 河野 公平(ワタナベ)
対象試合:2月12日 日本スーパー・フライ級タイトルマッチ 10R
対戦相手:前チャンピオン 菊井徹平(花形)
□月間敢闘賞
日本ライト級7位 中森 宏(平仲BS)
対象試合:2月10日 オープン8回戦 TKO7R
対戦相手:日本スーパー・ライト級3位 小野寺洋介山(オサム)
□月間新鋭賞
原口 清一(草加有沢)
対象試合:2月21日 オープン8回戦
対戦相手:大嶽正史(石橋)
◆表彰式◆
3月10日(土)於:後楽園ホール「第407回ダイナミックグローブ」

■新人王運営委員会報告
2007年第64回東日本新人王戦について
◇2月16日:申込み締切り、2月23日:組合せ抽選会
◇12階級255名で開催する。4月2日に初戦、11月4日に決勝戦を予定している。

■事務局報告
◇袴田巌再審支援の件
3月9日、死刑廃止議員連盟の勉強会に出席した。(輪島協会長、金子事務局長、新田実行委員長、大橋次期協会長、玉熊理事、内藤純一会長、飯田覚士氏)

■モバイル事業について
「モバイルグローブ」(携帯電話サイト)が4月第3週より、三社(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯電話にて公式サイトとして配信される。




東日本ボクシング協会 第11回定例理事会(平成19年2月19日)より
Updated on 2008/06/12

■平成19年1月月間賞(平成19年2月5日選考)
◇月間最優秀選手賞
日本スーパー・フェザー級 チャンピオン 小堀 佑介(角海老宝石)
対象試合:1月6日 日本スーパー・フェザー級タイトルマッチ 3RKO
対戦相手:同級1位 大之伸くま(FUKUOKA)
◇月間敢闘賞
OPBF東洋太平洋バンタム級 新チャンピオン ロリー 松下(カシミ)
対象試合:1月13日 OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ 負傷判定10R
対戦相手:前チャンピオン マルコム・ツニャカオ(フィリピン)
◇月間新鋭賞
木村 悠(帝拳)
対象試合:1月20日 オープン6R
対戦相手:森島隆司(SFマキ)
◆表彰式◆
・最優秀選手賞・新鋭賞:2月17日(土)於 後楽園ホール「第405回ダイナミックグローブ」
・敢闘賞:2月12日(月)於 後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」

■新人王運営委員会報告
◇2月26日、第64回東日本新人王戦の申込み受付を締め切った。
◇32名を超えた階級(S・バンタム、S・フェザー)については、振り落とし抽選を行い32名に絞る。

■A級・B級トーナメント委員会報告
「A級トーナメントの優勝者が日本王座への挑戦権を獲得出来るシステム」がJPBA理事会にて承認されたため、本年より実施する。今年は6階級で開催したい。

■プロモーター委員会報告
平成19年度ボックスシートの新規申込みを引続き募集している。



< Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91| 92 | Next >

東日本ボクシング協会
03-3812-7447

写真・データ等の無断転載を禁じます。
CopyRight 2003 East Japan Boxing Associations,
All rights reserved.