ボクシングニュース

◆ ボクシングニュース 過去ログ ◆

< Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68| 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | Next >


長谷川がモレルを相手にV10戦
Updated on 2009/10/21

12月18日・神戸 前座で粟生の再起戦

 WBC世界バンタム級チャンピオンの長谷川穂積(28歳、真正)が12月18日、神戸ワールド記念ホールで10度目の防衛戦を行うことが主催者から発表された。挑戦者は元WBA世界フライ級チャンピオン(現WBO世界バンタム級1位)のエリック・モレル(34歳、プエルトリコ/米)。長谷川はこの試合を「バンタム級の総決算」と位置づけており、V10を区切りに階級を上げる可能性が高まっている。
 なお、当日は前WBC世界フェザー級チャンピオン、粟生隆寛(25歳、帝拳)の再起戦も行われる(相手未定)。

 このところ2ラウンド、2ラウンド、1ラウンド、1ラウンドと4試合連続序盤KO防衛の長谷川だが、試合に際しては常に「負けるかもしれない」という危機感を持って臨んでいる。今回の試合に関しても相手の力量を認めつつ「頭のいい方が勝つ」と話している。
 挑戦者のモレルはプエルトリコ生まれで少年期に米国に移住。96年のアトランタ・オリンピックには米国代表として出場している(フライ級初戦敗退)。96年10月にプロデビューし、2000年にWBA世界フライ級タイトルを獲得。5度防衛後の03年12月、ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)にダウンを喫して判定負け、ベルトを失った。
 05年にはスーパー・フライ級でマーティン・カスティージョ(メキシコ)のWBAタイトルに挑んだが判定負け。その後、刑事事件を起こして2年ほど社会と隔離されていたが、昨年2月に戦線復帰。以来6連勝(3KO)を収めている。身長169センチの右ボクサーファイターで、戦績は43戦41勝(21KO)2敗。(原功)




8月16日「エアボクシング・プレ大会」ランキング
Updated on 2009/10/14

一般の部(総合)

1位 今川未来(木更津GB)
2位 和田優麻(TAIKOH小林)
3位 尾井博一(大橋)
4位 齋藤奨司(木更津GB)
5位 樋口 学(北澤)
6位 荒木幸輔(ウィン三迫)
7位 稲福翔斗(F・I)
8位 宮國斗希弥(F・原田)
9位 細井梨乃(HS山上)
10位 鈴木伸也(ウィン三迫)
11位 山 雄久(大橋)
12位 小川 学(大橋)
12井 森山祐樹(木更津GB)
12位 平井知未(ワールドスポーツ)
15位 水谷佳代子(セレス)
16位 佐藤 桂(大橋)
17位 家田嘉清(新田)
18位 新城侑樹(ウィン三迫)
19位 梅沢尚久(北澤)
19位 細井麗子(ワールドスポーツ)
19位 藤島秀一(大橋)
19位 椎葉敏孝(新田)
23位 長澤清隆(大橋)
23位 加藤昌幸(川島)
23位 村山正徳(横田スポーツ)
26位 當銀雅彦(ウィン三迫)
26位 福永健介(ウィン三迫)
28位 横田  大(横田スポーツ)
29位 鈴木博章(北澤)
29位 大野良介(川島)
29位 池田和樹(ウィン三迫)
29位 今野  均(新和川上)
33位 内海聡子(セレス)
34位 大久保和也(輪島功一スポーツ)


小学生の部ランキング

1位 徳本琉聖(京浜川崎)
2位 長野 楓(大橋)
3位 山口龍哉(大橋)
4位 生天目亨磨(八王子中屋)
5位 安井 誠(大橋)






■平成21年10月度月間賞・表彰式
Updated on 2009/10/12

 10月11日(日)の後楽園ホール、『最強後楽園・日本タイトル挑戦権獲得トーナメント』の際に、9月度最優秀選手賞の日本ミニマム級チャンピオン・八重樫東(大橋=写真・上)、敢闘賞の日本フェザー級4位・天笠尚(HS山上=写真・中央)、月間新鋭賞の日本スーパーバンタム級10位・蔦谷貴法 (博多協栄=写真・下)の表彰式が行われました。




「10.10.ダブル世界タイトル戦」出場4選手
Updated on 2009/10/10

10月10日(土)、代々木第2体育館にてゴング。


王者西岡利晃(帝拳)対5位イバン・エルナンデス(メキシコ)

WBAスーパーフェザー級タイトルマッチ
王者ホルヘ・リナレス(帝拳)対6位フアン・カルロス・サルガド(メキシコ)




[見どころ!]10月12日(月=祝) 後楽園ホール 
Updated on 2009/10/03

<東洋太平洋女子フライ級王座決定戦>                 
四ヶ所麻美対OA・ゴーキャットジム
       

 菊地奈々子(白井・具志堅)、藤本りえ(協栄)に続く日本3人目の女子の東洋太平洋チャンピオン誕生なるか。
 四ヶ所は昨年5月にプロデビュー。初陣では藤本と高度な攻防を展開したものの僅少差で惜敗したが、その後は2連勝を収めている。
しっかりした基本技術を持つ右のボクサーファイター型で、スピード、パンチ力もある。
 対するOAは懐の深い大柄なサウスポー。今年5月、富樫直美(ワタナベ)の持つWBC女子ライト・フライ級タイトルに挑んで善戦した試合は記憶に新しいところだ。8月の再起戦(6回判定勝ち)を挟んで今回の決定戦に臨む。
 四ヶ所とすれば右ストレートを効果的につかいながら相手のボディも攻めたいところ。OAの動きを封じることができればコンビネーションが活きてくるはずだ。(原功)

四ヶ所=1979年10月17日生まれ。フラッシュ赤羽ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:3戦2勝(1KO)1敗。
OA=1985年8月5日生まれ。左ボクサー型。戦績:9戦6勝(1KO)3敗。




[見どころ!]10月12日(月=祝) 後楽園ホール
Updated on 2009/10/03

<東洋太平洋スーパー・ミドル級タイトルマッチ>            
清田祐三対ヤント・シマモラ
    

 暫定タイトルを獲得した試合、正王者との統一戦、そして直近のV2戦を含め、このところ5連続KO(TKO)勝ちと好調の清田が、インドネシアから挑戦者を迎える。豪快なKO防衛の期待が膨らむ。
 清田は03年の全日本新人王戦を制したあと、一時の停滞期を経て最近、再び上昇のカーブを描いている。特にここ2戦は体も良く動いているうえ、得意とする右のパンチには破壊力に正確さが加わった。先の李戦では初回に冷やりとする場面があったが、こうした凡ミスをなくすことができれば、さらに安定感が増すはずだ。
 挑戦者のシマモラは昨年9月、後楽園ホールで現日本スーパー・ウェルター級5位の音田隆夫(一力)に3回KO負けを喫している。ボディを攻められたすえ左フックを顔面に打ち込まれてキャンバスに沈んだもの。
 体格面、実力両面で清田有利は不動と思われる。ここは豪快なKOで存在感を示してほしいところだ。(原功)

清田=1983年10月10日、北海道出身。フラッシュ赤羽ジム所属。右ファイター型。戦績:20戦17勝(15KO)2敗1分。




[見どころ!]10月12日(月=祝) 後楽園ホール  
Updated on 2009/10/03

<日本ライト・フライ級タイトルマッチ>                   
嘉陽宗嗣対宮崎 亮
             

 かつては東洋太平洋タイトルを保持し、世界挑戦の経験も持つV5王者の嘉陽が意地を見せるのか、それとも21歳の無敗の新鋭・宮崎が初の戴冠を果たすのか。みどころの多いタイトルマッチだ。
 嘉陽は5度の防衛中、実に3度が引き分けという結果に終わっている。いずれも負傷によって試合がストップされたもので、誰よりも嘉陽本人が歯痒い思いをしているに違いない。しかし、このサウスポーのボクサーファイターは、本来は果敢に出入りしながら積極的に相手にアプローチしていくタイプで、総合的な戦力は高いものを有している。本来の歯切れのいいボクシングを取り戻すことができれば易々とベルトを渡すことはあるまい。
 挑戦者の宮崎はアマチュアを経て06年12月にプロデビュー。関西のリングを中心に、ここまで11戦9勝(5KO)2分のレコードを残している。7月には初登場の後楽園ホールで嘉陽のジムメートをわずか34秒、右クロス一発でキャンバスに沈めてみせた。飛び込む速さに定評のある好戦的な右ボクサーファイターで、手数も多い。21歳の若さや無敗から来る自信と勢いがある。
 このところ前半で出遅れて苦戦するケースが目立つ嘉陽とすれば、序盤でしっかりと相手の勢いを抑えておきたいところ。若い挑戦者の焦りを誘うことができれば防衛が見えてくる。
 一方の宮崎も早い段階で主導権掌握を狙うはず。プレッシャーをかけて得意の右を放つチャンスを積極的に探っていくと思われる。
 どちらが勝つにしても前半で勝負の趨勢がはっきりするのではないだろうか。(原功)

嘉陽=1982年11月16日、沖縄県出身。白井・具志堅ジム所属。
   左ボクサーファイター型。戦績:22戦17勝(9KO)2敗3分。
宮崎=1988年8月20日、群馬県出身。井岡ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:11戦9勝(5KO)2分。




■平成21年9月度月間賞(10月2日選考)
Updated on 2009/10/02

月間最優秀選手賞
 日本ミニマム級チャンピオン
 八重樫 東 (大橋)
 対象試合:9月5日「日本ミニマム級タイトルマッチ」判定勝ち
 対戦相手:同級1位 金田淳一朗(白井・具志堅スポーツ)

月間敢闘賞
 日本フェザー級4位
 天笠  尚 (HS山上)
 対象試合:9月19日「オープン8回戦」判定勝ち
 対戦相手:日本バンタム級6位 福島 学(花形)

月間新鋭賞
 日本スーパーバンタム級10位
 蔦谷 貴法 (博多協栄)
 対象試合:9月19日「オープン8回戦」8RKO勝ち
 対戦相手:日本S.バンタム級8位 中嶋孝文(ドリーム)

表彰式
 未定




[見どころ!]10月10日(土) 代々木第2体育館
Updated on 2009/09/30

<日本スーパー・フェザー級タイトルマッチ>               
三浦隆司対小口雅之
                     

 矢代義光(帝拳)との激闘2連戦を経て戴冠を果たした三浦の初防衛戦。挑戦者の小口は「かつらボクサー」として知られる正統派のボクサー。三浦のパワーが挑戦者を粉砕するのか、それとも小口のオーソドックスなボクシングが番狂わせを起こすのか――。
 サウスポーの三浦は好戦的な戦闘スタイルの持ち主で、左ストレート、右フックの強打に定評がある。人並みはずれたタフネスも広く知られている。課題があるとすれば緻密さに欠ける点だろうか。しかし、そんな点がスケール感を増していると考えれば、より魅力的な要素とさえもいえる。
 挑戦者の小口は「かつらボクサー」として、ボクシングファンのみならず一般にも有名だ。05年12月の試合で着用していたかつらが戦闘中に剥がれて一躍有名になった逸話の主である。これだけを採り上げるといかにも異色ボクサーといった印象だが、その戦いぶりは極めてオーソドックスだ。中間距離からワンツーで攻め込み、好機にはパンチをまとめる。自身の被弾も多いのがマイナスだが、
なかなか好戦的だ。
 サウスポーの三浦がプレスをかけ、小口が出入りしながら応戦するパターンが予想される。パワー、耐久力で勝るチャンピオンは打撃戦に持ち込みたいところ。一方の挑戦者は正面衝突を避けて前後左右への動きを取り入れてかき回したいところ。序盤から激しい主導権争いが展開されそうだ。(原功)

三浦=1984年5月14日、秋田県出身。横浜光ジム所属。左ファイター型。戦績:19戦16勝(14KO)1敗2分。
小口=1977年8月27日、栃木県出身。草加有沢ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:26戦19勝(7KO)5敗2分。




[見どころ!]10月10日(土) 代々木第2体育館
Updated on 2009/09/30

<東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ>                 
細野悟対榎洋之
                         

 15戦全勝(12KO)の「和製バズーカ砲」細野と、世界挑戦経験を持つ元東洋太平洋&日本チャンピオンの榎。世代交代が見られるのか、それともベテランが踏ん張るのか。国内屈指の好カードだ。
 細野はアマチュアを経て05年8月にプロデビュー。昨年10月に榎が返上した東洋太平洋フェザー級タイトルを獲得し、すでに2度の防衛を果たしている。「バズーカ」を名乗るだけにパンチの破壊力は群を抜いており、特に被せるように打ち込む右、返しの左フックは特筆ものだ。以前はパンチ力に依存する傾向が見受けられたが、経験を重ねるごとに安定感を増し、最近は試合運びも巧みになってきた。この一戦をクリアすれば、さらに「世界」への視界が開けるはずだ。
 一方の榎は1年前にクリス・ジョン(インドネシア)の持つWBAタイトルに挑戦して判定負け。今年3月の再起戦を挟んで7月には李列理(横浜光)に不覚を喫するなど、近況は決して芳しくない。
 しかし、32戦のキャリア、大舞台の経験、そして持ち前のパンチ力は侮れない。負ければあとがないだけに高いモチベーションを持って試合に臨むはずだ。
まずは榎が左ジャブで主導権掌握を狙うと思われるが、そこに細野は右を被せることができるのか。あるいは、揺さぶりをかけながら出入りする細野に榎はついていけるのか。それぞれ相手の強打にどれだけ耐えられるのか――。みどころの多い一戦だ。
 ともに破格の強打を持つスラッガーだけに、KO決着の可能性が高い。(原功)

細野=1983年11月6日、福島県出身。大橋ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:15戦全勝(12KO)。
榎 =1979年9月14日、秋田県出身。角海老宝石ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:32戦28勝(20KO)2敗2分。



< Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68| 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | Next >

東日本ボクシング協会
03-3812-7447

写真・データ等の無断転載を禁じます。
CopyRight 2003 East Japan Boxing Associations,
All rights reserved.