ボクシングニュース

◆ ボクシングニュース 過去ログ ◆

< Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5| 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | Next >


[見どころ!] 2月28日(火) 後楽園ホール
Updated on 2017/02/23

<東洋太平洋ミニマム級王座決定戦>
京口紘人対アルマンド・デラ・クルス


 昨年4月のプロデビューから10ヵ月、5戦全KO勝ちの京口が、16年のキャリアで42戦を経験しているサウスポーの元世界ランカーと拳を交える。新鋭対ベテランという典型的なカードだ。
 京口はアマチュアで14年の国体を制するなど66戦52勝(8KO)14敗の戦績を残してプロに転向。スピードと歯切れのいいコンビネーションで5試合すべてを3回以内で片づけてきた。直近の試合では今回のデラ・クルスと同じフィリピン人サウスポーを3回KOで斬って落としている。プロでの経験不足の印象は拭えないが、大きな可能性を感じさせる逸材だ。
 対照的にデラ・クルスはキャリア16年、42戦(25勝11KO14敗3分)という豊富なキャリアを持つベテランだ。2度の来日経験もあり、04年に高知で1回KO勝ち、05年に大阪で10回判定負けをいう記録が残っている。当時はミニマム級でWBCの10傑に名を連ねていた。攻撃は雑だが、踏み込んで打ち込む左ストレート、右フックは要注意といえよう。ただ、09年から3連敗を喫して一度はリングを去っており、かつての力があるかどうかは疑問だ。
 前戦でサウスポーを圧倒していることもあり京口に分のあるカードといえる。長丁場になった場合は23歳のホープが試されることになるが、いまの両者の勢いを考えると京口が一気に攻め落としてしまいそうだ。(原功)

京口=1993年11月27日、大阪出身。ワタナベジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:5戦全KO勝ち。
デラ・クルス=1984年5月22日、フィリピン出身。左ボクサーファイター型。戦績:42戦25勝(11KO)14敗3分。











★平成29年1月度月間賞(2月10日選考)
Updated on 2017/02/13

 以下の通り決定しましたのでお知らせいたします。

☐月間最優秀選手賞 
OPBF東洋太平洋ヘビー級新チャンピオン 藤本 京太郎 (角海老宝石)
対象試合:1月14日「OPBF東洋太平洋ヘビー級王座決定戦」12R判定勝ち
対戦相手:同級1位 ウィリー・ナッシオ(オーストラリア)

☐月間敢闘賞
WBOアジアパシュフィックライト級新チャンピオン 荒川 仁人 (ワタナベ)
対象試合:1月31日「WBOアジアパシュフィックライト級王座決定戦」12R判定勝ち
対戦相手:同級13位 アンソニー・サバルデ(比国)

☐月間新鋭賞
日本スーパーウェルター級2位 井上 岳志(ワールドスポーツ)
対象試合:1月14日「オープン8回戦」8R判定勝ち
対戦相手:渡部 あきのり (角海老宝石)

◆表彰式◆
平成29年3月4日(土)於:後楽園ホール『ダイナミックグローブ』





[見どころ!] 2月9日(木) 後楽園ホール
Updated on 2017/02/02

<東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ>
竹中良対荒谷龍人


 1年半前に東洋太平洋王者になった竹中の3度目の防衛戦。このところ3連勝(2KO)と勢いのある荒谷を相手に力の差を見せつけることができるか。
 竹中は14年10月の王座初挑戦試合では天笠尚(山上)をもう一歩のところまで追い込みながら、最終12回に逆転TKO負け。手に入れかけた東洋太平洋のベルトを逃した。しかし、15年8月の2度目の挑戦ではベテラン王者のビンビン・ルフィーノ(比)を得意の右ストレート一撃でキャンバスに沈め、晴れて王者になった。2度の防衛もこなし、いまはWBC9位にランクされている。豊富なアマチュア経験をベースに、左ジャブから右ストレートに繋げる正攻法のボクシングを身上としており総合的な戦力は高い。不安があるとすれば故障しやすい右拳か。
 挑戦者の荒谷は13年から15年にかけて4敗を喫しているが、昨年は3戦全勝(2KO)と調子を上げている。実績面では竹中に遠く及ばないが、この自信と勢いで王者を脅かすことができるか。実力派王者と正面からやり合うのは得策ではないだけに、序盤から果敢に攻めて出たいところだ。(原功)

竹中=1985年5月22日、熊本県出身。三迫ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:19戦15勝(8KO)3敗1分。
荒谷=1987年11月7日、神奈川県出身。KG大和ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:16戦11勝(3KO)4敗1分。





[見どころ!] 2月9日(木) 後楽園ホール
Updated on 2017/02/02

<日本スーパー・ライト級王座決定戦>
麻生興一対松山和樹


 岡田博喜(角海老宝石)が返上して空位になった王座の決定戦。岡田の壁に2度泣いた1位の麻生、2位にランクされる初挑戦の松山。どちらが勝っても初の戴冠となる。
 麻生は典型的なファイターで、低い姿勢で距離を詰め中近距離での打撃戦を仕掛けることが多い。自身の被弾も少なくなく、7敗のうち4度のKO(TKO)負けはあるものの平均以上に頑丈なタイプといっていいだろう。経験値を含め総合的な戦力では松山を上回るが、昨年4月に岡田に7回TKO負けを喫して以来のリングである点が気にかかる。昨秋の「最強後楽園」で相手が体重オーバーのため試合がキャンセルになり試合間隔があいてしまったものだが、これがプラスと出るかマイナスと出るか。
 一方の松山も直近の4戦で1勝2敗1分と武運から見放されており、初の大舞台での出来が気がかりだ。しかも初めての10回戦でもある。厳しい戦いが予想されるが、麻生の接近戦に巻き込まれる前に流れをつくって勝機を広げたい。(原功)

麻生=1986年3月15日、東京都出身。三迫ジム所属。右ファイター型。戦績:28戦20勝(13KO)7敗1分。
松山=1986年4月22日、青森県出身。山上ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:21戦13勝(7KO)7敗1分。





[見どころ!] 2月4日(土) 後楽園ホール
Updated on 2017/01/27

<日本スーパー・バンタム級タイトルマッチ>
石本康隆対久我勇作


 今年で38回目を迎えた「チャンピオン・カーニバル」の開幕試合。15年12月の決定戦で久我に勝って戴冠を果たした石本が返り討ちにして3度目の防衛を果たすのか、それとも久我が雪辱して初の王座を手にするのか。前戦同様、今回も接戦が予想される。
 14ヵ月前の初戦は久我が先制し、石本が中盤で形勢を逆転、終盤はほぼ互角という展開で、石本が96対95(二者)、96対94の僅差ながら3対0の判定勝ちを収めた。デビューから13年、34歳での国内王座獲得だった。その後、挑戦者に力の差をみせつけて2度の防衛を重ねている。
 対する久我は石本に引き分けを挟んでの連勝を7で止められたが、昨年は2KO(TKO)勝ちと調子を取り戻している。特に10月には経験値の高いジョナタン・バァト(カシミ)に4回KO勝ちを収めて評価を上げており、自信を深めて雪辱戦に向かうことになる。
 挑戦者の久我が積極的に仕掛けて出るものと思われるが、初戦では様子をみた石本も今回は偵察の必要がないため早々から応戦することが考えられる。経験と巧さで勝る石本、パンチ力に定評のある久我。序盤から激しい攻防がみられそうだ。(原功)

石本=1981年10月10日、香川県出身。帝拳ジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:37戦29勝(8KO)8敗。
久我=1990年11月5日、東京都出身。ワタナベジム所属。右ボクサーファイター型。戦績:16戦13勝(9KO)2敗1分。




[ニュース] 3/2 山中がカールソン相手にV12戦
Updated on 2017/01/25

前座で尾川対杉田 岩佐、ビロリアも出場予定

 WBC世界バンタム級王者、山中慎介(34=帝拳)の12度目の防衛戦が3月2日(木)、同級9位のカルロス・カールソン(26=メキシコ)を相手に東京・両国国技館で行われることになった。イベントを主催する帝拳プロモーションが23日に発表した。前座では尾川堅一(28=帝拳)対杉田聖(27=奈良)の日本スーパー・フェザー級タイトルマッチが組まれているほか、ともに相手は未定ながらIBF世界スーパー・バンタム級3位の岩佐亮佑(27=セレス)、元世界2階級制覇王者のブライアン・ビロリア(36=フィリピン/アメリカ)も出場を予定している。

 具志堅用高氏の13度防衛という日本記録に迫っている山中は「積み重ねてきた結果なので回数にはこだわっていない。目の前のことを考えている」と会見で話し、気持ちはカールソン戦に集中している様子だ。そのカールソンは山中より8歳若い26歳で、11年3月のデビュー戦で判定負け後は22連勝(13KO)と勢いがあり、昨年9月には北米王座も獲得している。映像でチェックした山中は「外から巻いて打ってくるタイプ。見た目にもパンチがあるので注意したい」と警戒心をのぞかせている。そのうえで「前回、前々回とダウンして悔しい思いをした。直すところは分かっているので、そこを修正してインパクトのあるKOをみせたい」と、豪快なKO防衛を誓った。
 山中の露払いを務める尾川は、昨年4月の初防衛戦で9回KO勝ちを収めている杉田との再戦に臨む。「上(世界)に上がっていくためにも倒しきりたい。KO勝ちは当たり前と思っている」と自信をみせた。




チャンピオン・カーニバルの組み合わせ決定
Updated on 2017/01/16

 日本王者と最強の挑戦者が拳を交える第38回チャンピオン・カーニバルが2月4日に開幕する。13日に発表された13階級の組み合わせと日程は以下のとおり。なお、ミドル級は正規王者の西田光(川崎新田)と暫定王者の胡朋宏(横浜光)の対決となる。

★ミニマム級(王座決定戦) 4月16日@兵庫
小西伶弥(真正)対谷口将隆(ワタナベ)

★ライト・フライ級 3月か4月 @大阪
拳四朗(BMB)対久田哲也(ハラダ)

★フライ級(暫定王座決定戦) 2月28日@後楽園ホール
ユータ松尾(ワールドスポーツ)対黒田雅之(川崎新田)

★スーパー・フライ級 3月22日@後楽園ホール
中川健太(レイスポーツ)対船井龍一(ワタナベ)

★バンタム級(王座決定戦) 3月10日@後楽園ホール
赤穂亮(横浜光)対田中裕士(畑中)

★スーパー・バンタム級 2月4日@後楽園ホール
石本康隆(帝拳)対久我勇作(ワタナベ)

★フェザー級 3月か4月@名古屋
林翔太(畑中)対坂晃典(仲里)

★スーパー・フェザー級 3月(日時と場所は未定)
尾川堅一(帝拳)対杉田聖(奈良)

★ライト級 3月4日@後楽園ホール
土屋修平(角海老宝石)対西谷一弘(VADY)

★スーパー・ライト級(王座決定戦) 2月9日@後楽園ホール
麻生興一(三迫)対松山和樹(FUREA山上)

★ウェルター級 4月17日@後楽園ホール
有川稔男(川島)対坂本大輔(角海老宝石)

★スーパー・ウェルター級 4月@大阪
野中悠樹(井岡弘樹)対斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ)

★ミドル級 5月1日@後楽園ホール
西田光(川崎新田)対胡朋宏(横浜光)




★平成28年12度月間賞(1月10日選考)
Updated on 2017/01/11

月間最優秀選手賞 
日本スーパーフェザー級チャンピオン 尾川 堅一 (帝拳)
対象試合:12月3日「日本スーパーライト級タイトルマッチ」10R判定勝ち
対戦相手:同級1位 内藤 律樹 (E&Jカシアス)

月間敢闘賞
日本ライト級新チャンピオン 土屋 修平 (角海老宝石)
対象試合:12月19日「日本ライト級王座決定戦」3RKO勝ち
対戦相手:同級2位 野口 将志 (船橋ドラゴン)


月間新鋭賞
日本ミニマム級10位 小浦 翼 (E&Jカシアス)
対象試合:12月19日「オープン8回戦」2RTKO勝ち
対戦相手:ジェフリー・ガレロ (比国)

表彰式
平成29年2月4日(土)於:後楽園ホール『ダイナミックグローブ』




[見どころ!] 1月14日(土) 後楽園ホール
Updated on 2017/01/06

<東洋太平洋ヘビー級王座決定戦>
藤本京太郎対ウィリー・ナッシオ


 ジョセフ・パーカー(24=ニュージーランド/米)が昨秋に返上、空位になった東洋太平洋王座を1位の藤本と2位のナッシオが争う。
パーカーは昨年12月にWBO世界ヘビー級王者になっており、その権威を引き継ぐ試合でもある。
 藤本は身長183センチと最重量級(約90.7キロ以上)のヘビー級のなかでは小柄だが、足をつかいながら左ジャブを差し込んで不要な打撃戦を避け、リスクを小さく抑えて戦う巧者タイプといえる。
大男がパワー比べをする傾向が強いヘビー級では、むしろ異質で効果的な戦い方といえるかもしれない。11年12月に国際式転向を果たしてからの戦績は16戦15勝(8KO)1敗。唯一の敗北は4年前、のちに世界ランカーとなったソロモン・ハウモノ(豪)に5回TKO負けを喫したものだが、以後は10連勝(5KO)と好調だ。この間に獲得した日本王座の防衛テープは3まで伸ばしている。
 一方のナッシオはboxrec.comによると身長188センチとヘビー級では平均的だが、11戦10勝(9KO)1敗という高いKO率(約82%)を誇る。昨年2月にはオーストラリアの国内王座を獲得しており、こちらも8連勝中(7KO)だ。アップライトの構えからじわじわと圧力をかけ、接近して左右フック、アッパーを強振する古典的なタイプで、戦い方は藤本とは対照的といえる。ガードは比較的ルーズでスピードも感じられないが、パワーは要注意だ。ただ、最長でも5回までしか戦ったことがなく、スタミナ面は未知といえる。
 体ごと叩きつけるようなナッシオのパンチには十分な警戒が必要だが、WBC18位の藤本が足の動きを止めずにスピードを生かして戦えば大きなトラブルは避けられそうだ。藤本が前半でダメージを被ることなくポイントを重ねれば、その先の流れとして自然にKOチャンスが訪れるのではないだろうか。(原功)

藤本=1986年6月23日、大阪府出身。角海老宝石ジム所属。右ボクサー型。戦績:16戦15勝(8KO)1敗。
ナッシオ=オーストラリア出身。右ボクサーファイター型。戦績:11戦10勝(9KO)1敗。





[活動報告] 準公式戦
Updated on 2016/12/31

 大みそかの大田区総合体育館興行で、当協会は準公式戦「ファーストボックス」をお披露目しました。会場からは世界戦を待ち遠しくしているお客様からも温かい拍手が。来年から本格的に始動するイベントになります。


< Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5| 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | Next >

東日本ボクシング協会
03-3812-7447

写真・データ等の無断転載を禁じます。
CopyRight 2003 East Japan Boxing Associations,
All rights reserved.